信頼を提供する証

宅地建物取引士とは

公正な宅地取引を目的に置かれる有資格者で、宅地建物取引士証の交付を受けた方を指します。

宅建士証交付までの流れ

資格試験の合格だけではなく、登録申請・宅建士証の交付を受けなければ、有資格者として認められません。

宅地建物取引士試験

申し込み方法や手数料など、試験の概要をご紹介しています。受験をお考えの方はご参照ください。

実務講習・登録講習

受講することにより、要件が満たなくても宅地建物取引士試験を受けられたり、試験問題が一部免除されたりします。

宅建士法定講習

宅地建物取引士証の有効期限が近づいている方や宅建試験合格より1年以上経過した方は、宅建士法定講習会を受講する必要があります。

宅建士資格の登録後の諸手続きについて

宅建士資格の各種登録事項に変更があった場合、県に変更届を提出しなければなりません。

宅建協会からのお知らせ

2017年10月05日一般向け

◆宮城野支部 第6回不動産フェア「みやぎの・まつり」開催

-内容-
開催日 平成29年10月15日(日) 10時~15時 雨天決行
会場  〒983-0842  宮城県仙台市宮城野区五輪1丁目
榴岡公園 「露店コーナー」
開催内容 不動産無料相談・不動産知識等のPRパンフレット等の配布
その他宮宅建協会のパネルによる活動紹介・子供向けゲームコーナー

2017年09月29日一般向け

◆不動産流通三団体(全宅連・FRK・全住協)が石井国交大臣へ要望を行いました
<空き家等低額物件に係る媒介報酬の見直し>

9月20日、全宅連は石井国土交通大臣に対し、空き家等低額物件に係る媒介報酬の見
直しについて三団体連名(不動産流通経営協会(FRK)、全国住宅産業協会)の要
望書を提出しました。

詳しくはこちらからご覧ください。

2017年09月29日一般向け

◆不動産実務セミナー開催のご案内

全宅連では、時節のタイムリーな話題をテーマに不動産取引に関する専門的知識の習得を
目的としたセミナー事業「不動産実務セミナー」を毎年実施しています。
今年度は、平成29年12月1日(金)に全国66会場において、
「既存住宅取引の宅建業法改正と実務」と「既存住宅売買の物件調査&トラブル」をテーマにした2部構成のセミナーを実施いたします。

セミナーチラシはこちらから、全宅連セミナーページはこちらからご確認ください。

なお、参加には事前にお申込みが必要です。
参加費は1080円(税込)となっております。
申込受付期間は9月15日(金)~11月17日(金)です。

仙台会場は、当協会4階(仙台市青葉区国分町3-4-18)で実施いたします。
ぜひご参加ください。

2017年08月31日会員向け

◆宮城県から県有地処分の媒介に関する協定に基づく依頼がありました。
詳しくは会員専用ページにログイン後「協定・代替地」のページでご確認ください。

2017年08月17日一般向け

◆仙台青葉中央支部「平成29年度第2回不動産ゼミナール」について

平成29年8月29日(火)15時から、仙台青葉中央支部主催の「平成29年度第2回不動産ゼミナール」が開催されます。

講師には有限会社プランサービス 代表取締役 本鳥有良氏にお越しいただき、「基礎から学ぶ仲介業務スキル(元付編・売買)」をテーマにご教授いただきます。
参加にはお申込みが必要です。
詳しくはこちらからご確認ください。

セミナー内容
「基礎から学ぶ仲介業務スキル(元付編・売買)」
講師:有限会社プランサービス 代表取締役 本鳥有良氏
日時:平成29年8月29日(火)15:00~17:00 (受付開始 14:30)
会場:宮城県不動産会館
  仙台市青葉区国分町3丁目4番18号 TEL:022-266-0011
※ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。

全てを表示する >>