信頼を提供する証

宅地建物取引士とは

公正な宅地取引を目的に置かれる有資格者で、宅地建物取引士証の交付を受けた方を指します。

宅建士証交付までの流れ

資格試験の合格だけではなく、登録申請・宅建士証の交付を受けなければ、有資格者として認められません。

宅地建物取引士試験

申し込み方法や手数料など、試験の概要をご紹介しています。受験をお考えの方はご参照ください。

実務講習・登録講習

受講することにより、要件が満たなくても宅地建物取引士試験を受けられたり、試験問題が一部免除されたりします。

宅建士法定講習

宅地建物取引士証の有効期限が近づいている方や宅建試験合格より1年以上経過した方は、宅建士法定講習会を受講する必要があります。

宅建士資格の登録後の諸手続きについて

宅建士資格の各種登録事項に変更があった場合、県に変更届を提出しなければなりません。

宅建協会からのお知らせ

2019年01月28日一般向け

◆事務局臨時休務のお知らせ◆
平成31年1月30日(水)は協会行事のため、事務局の
業務は午後4時までとさせていただきます。何卒、ご了承願い
ます。

2019年01月15日一般向け

今般、新たな外国人材を受入れのための在留資格を創設する「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が平成30年12月14日に公布され、平成31年4月1日に施行されることとなりました。
また、外国人材を適正に受け入れ、共生社会の実現を図ることにより、日本人と外国人が安心して暮らせる社会の実現を目的とした、「外国人財の受け入れ・共生のための総合的対応策」が決定され、この件に関し、今般国土交通省より周知の依頼がございましたのでご案内いたします 詳細につきましては、こちらからご確認ください。

2018年12月27日一般向け

消費税の引上げに伴う価格設定につきまして、国土交通省から、新たに作成されたガイドラインの周知依頼がございましたのでご案内いたします。
詳細につきましては、こちらからご確認ください。

2018年12月12日一般向け

国土交通省から、平成30年度住宅ストック維持・向上促進事業(住まいの価値向上プロジェクト2018)成果発表シンポジウムの開催について案内がありましたので、お知らせいたします。
詳細につきましては、こちらからご確認ください。

2018年12月07日一般向け

10月30日に東京のすまい・るホールで開催された「これからの地域密着型不動産業実践セミナー~RENOVATION事例発表会~」の全講義動画を公開しました。詳しくはこちらからご確認ください。

全てを表示する >>