入会のメリット

1 開業時の初期費用削減

宅地建物取引業を新規で開業する場合、法務局への営業保証金(本店1,000万円、支店500万円)の供託に代わり弁済業務保証金分担金(本店60万円、支店30万円)を納付して営業することができます。

2 手付金保管・保証制度の利用

(公社)全国宅地建物取引業保証協会は、法律が求める手付金の保管制度と保証性を取り入れ、取引の安全に努めています。

3 法定講習会などを実施

当協会では、昭和63年より「宅地建物取引士資格試験」の業務を受託しているほか、宮城県より「宅地建物取引士交付申請」事務および「法定講習会」実施業務を受託しています。宅建業のエキスパートを育成している社会的認知度の高い団体です。

4 各種研修会・講習会の実施

会員を対象に本部または支部で、年間約4回の研修会やセミナーを実施しています。また本部では新入会員特別研修会などを実施し、会員の専門知識の向上を目指しています。

5 宅建広報「みやぎ」の発行

事業運営に役立つ情報、支部や会員の情報、協会行事などのタイムリーな情報を掲載。情報業務委員会が監修し、年に数回発行しています。

6 契約書式など雛形の提供

当協会では、全宅連策定の書式がご利用いただけます。表紙等については、当協会ホームページ「会員専用ページ」より無料でダウンロードすることが可能です。また、各種申込書などのダウンロードができます。

7 国や県などから寄せられる最新情報の提供

宅建業法に改正などがある場合は、国土交通省から全宅連、そして各都道府県の当協会から会員へ情報が提供されます。当協会の会員になることで、業界の最新情報をいち早く取得することが可能です。

8 レインズの利用

入会と同時に(公財)東日本不動産流通機構の会員になります。レインズを利用して物件の登録、検索、成約情報の閲覧などが行えます。

9 一般消費者向け物件検索サイトの利用

売主や貸主から依頼を受けた物件を、インターネットを利用して、一般消費者向け物件検索サイト「ハトマークサイト」「不動産ジャパン」(2,000件まで)へ無料で公開することができます。

10 無料配布

免許取得に必要な免許申請書を無料配布いたします。また入会者へは会員の証、業者票、報酬額表、ハトマークステッカーなど開業にあたり必要なものや、不動産手帳、会員名簿、全宅連から発行された不動産関係の冊子を無料で配布いたします。

11 不動産の無料相談窓口の開設

取引上のトラブルが起きた際に、研修と経験を積んだ専門の相談員による「不動産の無料相談」窓口をご利用いただけます。

12 宅地建物取引士賠償責任保険制度の利用

宅地建物取引士を対象とした賠償責任保険制度で、当協会の会員および従業者の方が加入できます。
※募集は年1回6月(途中加入不可) 保険引受会社 損保ジャパン

13 (株)東北宅建サポートセンターの利用

宮宅建の会員支援事業会社で損害保険代理店事業や住宅ローン商品「フラット35」が利用可能です。その他収益事業や会員限定特別価格での業務に関わる物品購入が可能です。

14 宅建ファミリー共済

顧客保護と会員支援を目的として宅建協会が母体となり開発した共済制度です。賃貸入居者、テナントの方の「家財」「什器」などを保障する家財共済です。この取り扱いを保険業法改正により「少額短期保険募集人」の資格取得が必要となります。詳しくは宅建ファミリー共済会のホームページをご覧ください。

15 宅建業に関する書籍などの販売

宅建業に関する書籍や全宅連などで発行された冊子を、会員価格で販売しております。