業界ニュース&トピックス

2015年04月01日一般向け

◆宅地建物取引士への制度移行に伴う取引士証への切替交付申請について
(宮城県建築宅地課からのお知らせです)

平成27年4月1日より宅地建物取引業法の一部を改正する法律が施工されましたが、取引士証再交付申請の理由として、新たに「その他の事由」が規定されました。それに伴い、宅地建物取引主任者証から宅地建物取引士証へ改称されたことを理由として、現在有効の宅地建物取引主任者証を切り替える「切替交付」が認められることになります。
しかしながら、宅地建物取引主任者証は、宅地建物取引士証とみなすこととされており、有効期限までは宅地建物取引士証として使用できますので、切替交付申請を控えていただきますようお願いします。
なお、切替交付の申請には4,500円の宮城県証紙が必要となります。